Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ココポ・ラバウル訪問

約1週間の滞在期間中、
3日間のワークショップと1日のクリーンアッププロジェクトと
内容盛り沢山で終了した今回のココポ・ラバウル訪問。

今訪問は「分科会」という活動の一環で、活動(要請)内容の近い隊員が各任地より集まり、
お互いの活動を紹介しあい、自身の活動の参考にしようというもの。
実際に先輩隊員の活動先を訪れ、ワークショップに参加することで
色々とヒントを得ることが出来たと感じている。
これについては改めて別の記事として書こうと思う。

さて訪問したココポ・ラバウルであるが、空港に着いた段階から驚きの連続。
※ラバウル空港は日本政府の援助により建設。
・空港からタウンまでの道がずっと二車線、中央分離帯&歩道まで有り。
・大型スーパーが何件も存在。(生肉、日本食も購入可)
・屋外マーケットの規模の大きさ&品揃え。
・ゴルフ場あるって、、、
・ダイビングも出来ちゃう、、、
・(人も車も多いのに)治安もそれほど心配することなくて、、
・温泉もあるらしい、、、
・綺麗な海に忽然とそそり立つ火山が、まさに観光地という印象
・ナイトスポットも多数存在するとかしないとか、、笑
・etc...

以前ならこんなことにいちいち驚かなかっただろうが、
赴任して早半年、すっかり離島田舎暮らしが板についてしまったようだ。
自分の任地がココポなら、日本の友人をすぐにでも呼び寄せていたと思う。

えーっと、勝ち負けじゃないけど「マヌス完敗」(笑)

しかし任地マヌスに帰り着いたとき、ホッとする自分がいたのも事実。
それと同時にこの島のために何かをしたい!と改めて強く感じた。
なんだかんだ任地マヌスが私は好きです。

まぁ、負けてばかりもいられません。(勝ち負けじゃないって 汗)
とりあえず一つビッグニュース。
2007年に閉鎖されたマヌスのダイビングショップが来年再開予定です。
仲のいいツーリズムセクションのオフィサーが教えてくれました。
「PNGジャパン」社との共同企画なので、かなり現実味があると思います。
もう少し話が具体化したら、またお知らせします。

Lukim yu gen!(現地語で「また会いましょう!」)

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ゆーすけ2ごう

Author:ゆーすけ2ごう
 
青年海外協力隊
 平成21年度4次隊
 任 国:パプアニューギニア
 職 種:村落開発普及員
 所 属:HELP FARMERS 15
 あだ名:あらーきー

blog内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。