Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

広域研修inPNG

8/13(月)~16(木)の期間、パプアニューギニアで広域研修を開催した。

DSC_6002.jpg

自身を含め、コミュニティ系分科会に所属するパプアニューギニア隊員6名がホスト国参加。その他の国からは、インドネシア、フィジー、ソロモン、フィリピン、そしてミクロネシア連邦で活動するボランティアとそのカウンターパート、総勢15名が来PNG。
ジェンダー、コンポスト、健康衛生講話、栄養改善、収入向上、防災指導、観光システム、様々なフィールドで活躍する各国参加者それぞれが持ち味・個性を出した非常に充実した研修となった。

P8131302.jpg

活動カバー領域の広い職種である「村落開発普及員」。遡って今年1月の総会時、今研修を実現させるためのそれ相応の目的を模索する中、バラバラな活動内容に共通項を見出すことの出来る「Human Development Index (HDI)」を登用するというクリティカルなアドバイスをトス出来たのは良かったと思う。

今研修の構想、起案は派遣後すぐの1年以上前から準備に取り掛かっていたウェワク派遣のT隊員。開催に漕ぎ着けるまでには色々な壁にぶつかった。自己防衛本能から仕事を丸投げしてしまったりしたときなど、隊次・年齢的な立場からメールで電話で敢えて厳しいことも言ってきたが、最後まで諦めることなく開催を切望した彼の努力の成果だと思う。

聞いたところによると今後、職種「村落開発普及員」は廃止され「コミュニティ開発普及員」という新しい職種が既存の活動内容を引き継いでいくそうである。

DSC_6083.jpg
今研修で一応の完成となった「活動参考書(活動事例データブック)」。

JICAの承認が取れ次第、事前技術保管研修や派遣前語学訓練などで順次配布され始める予定である。未来の隊員の活動ヒントとして少しでも役立ってくれれば幸いだ。

近隣諸国と比較しても治安のよくないパプアニューギニアで開催を承諾してくれた各関係機関、そして参加を決意してくれたボランティア及びカウンターパートとその各国在外事務所、多くの人に支えられながら今研修を無事に終了することが出来た。この場を借りて改めて御礼させて頂きたい。

メールはこちらに → alpine0724@gmail.com

Lukim yu gen!(現地語で「また会いましょう!」)

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ゆーすけ2ごう

Author:ゆーすけ2ごう
 
青年海外協力隊
 平成21年度4次隊
 任 国:パプアニューギニア
 職 種:村落開発普及員
 所 属:HELP FARMERS 15
 あだ名:あらーきー

blog内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。