Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PNG LIFE / 2011.05

震災に遭われた方々と地域の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。


5月6日~15日、バイク講習講師として昨年11月以来、約半年振りに首都上京。
今回の受講生は22年度3次隊の5名。
パプアニューギニアでは、使用バイクの変更に伴って「YAMAHA FT-50」から
「HONDA CT-110」の新車に順次切り替えて貸与されていたが、
バイクが一巡して中古の利用になってきている。
使用状況、メンテナンス状況、任地の環境でバイクのコンディションはバラバラ。
たった2000キロ程しか走っていなくてボロボロのものもあれば
15000キロオーバー走っていてもすこぶる元気なものまで。

そんなこともあり
従来のバイク講習メニュー「実技・筆記」に加え、今回から「整備」が項目に追加。

ブカという任地に派遣されている2名(バイク委員長/副委員長)が元々二輪乗りで、
バイク講習参加者全員に手取り足取りしながら、手際よく整備を行ってくれた。

整備さえ終わってしまえば、あとは通常通り。
滞りなくスムーズにバイク講習を終了することが出来た。


免許を持っているからというだけで貸与というわけにはいかない。
便利な反面、二輪は危険と隣り合わせの乗り物である。
そのリスクを出来るだけ小さくするためにも今回から始まった「整備」は
とても重要なことであると感じた。

受講生(後輩隊員)のうちの何名かは、じきにバイク隊員として教える立場になるのだから、
その事実を正確に伝えるのも、バイク隊員となった先輩隊員の役目だと思っている。


そういえば空き時間を利用して、ちょっとだけ髪をパプアナイズ
帰国の際、楽しみにしていてください(笑)

メールはこちらに → alpine0724@gmail.com

Lukim yu gen!(現地語で「また会いましょう!」)

日本一時帰国

この度の東日本大震災において、
被害に遭われた皆様やご家族に対し心よりお見舞いと哀悼の意を表します。

ネット環境が著しく悪く、活動状況がアップできていません。
更新を楽しみにしている方々、申し訳ありません。
そして残念ながら活動が終了して帰国するまでこの環境は改善はされないでしょう、、

さて私事ですが、7月に行われる隊員総会のあと、日本に一時帰国することにしました。
協力隊隊員は二年間の活動のうち、年間20日間を上限として国外旅行に当てることが出来ます。
無論、プライベートなことなので私費での旅行となります。(但し、日本への帰国は一度限り)
ちなみに今回の総会は、以前の記事に書いた外務省発表の渡航情報が
「十分に注意してください」に引き下げられており、首都ポ-トモレスビーでの開催です。

以前、先輩隊員に「活動期間中に一度日本に戻って、冷静に活動を振り返ってみると面白い」と
アドバイスをいただいたこと、帰国後の準備などを考えての一時帰国ですので
有意義に過ごしたいと考えています。

 7/15(金):隊員総会終了

 7/16(土):パプアニューニア→成田(ニューギニア航空 PX54)

 8/3(水):成田→パプアニューギニア(ニューギニア航空 PX55)

前半は私用で忙しいですが、
中盤以降で日程が合う方々、是非是非色々お付き合いくださいませ。

Lukim yu gen!(現地語で「また会いましょう!」)

隊員総会@マダン

パプアニューギニアの中でも有数のリゾート地マダンに行きました。

リゾートとはいうものの、遊びで来たわけではなくタイトルにもあるように隊員総会出席のためです。
P1020.jpg
通常は首都で開催される総会ですが、1月現在、本邦外務省発表の渡航情報が
「十分注意してください」から「渡航の是非を検討してください」に引き上げられているため、
地方都市での開催となりました。

今総会では中間活動報告会というものがあり、赴任から現在までの活動状況を全ボランティア・職員の前で発表する機会がありました。

前回の総会で、全体向けの発表として相応しいものはなんだろうと思ったことと、赴任から僅か数日しか経っていない隊員もいることを考え、先輩隊員としてアドバイス出来ることも含めた発表にしました。

この国に来て早9ヶ月が経過、この組織と派遣されている隊員に色々と感じることが多くあったので、少しでも多くの人が発表から何かを感じ取ってくれたらと思っています。

その他、総会では隊員で組織するグループの役員選出などを行います。
今回私は、所属する「ドミトリー管理委員会」の委員長になりました。
任期は次回の総会(7月)までとなります。
国内移動すらままならないパプアニューギニア。
首都にあるドミトリーを遠隔地から管理すること自体とても難しい事ですが、少しでもいい環境なるための活動が出来ればと思っています。

Lukim yu gen!(現地語で「また会いましょう!」)

マヌスLIFE / 2010.11~12

約一ヶ月ぶりの投稿、もう年末ですね。

教員ボランティアに遅れること三週間近く、
先週末、クリスマスホリデーに入りました。
ちなみ12月末ですが、上半身裸で扇風機を浴びながら書いています。

まず前の記事を書いた二日後の11月18日、
日本からの荷物が数点まとめて届きました。

ひとつは高校時代からの友人から。
高校時代からなので、もう15年近い関係です。
誕生日に聞いてきてくれたリクエストが、
約2ヶ月近くの船旅を経て届きました。
到着までの間も別件で何度か連絡していましたが、
荷物は未着が続き半分諦めていたので、喜びも一入です。
今年の年末は、彼の送ってくれた日本蕎麦で年越し蕎麦が食べられます(笑)
あらためて、ありがとう。

それから日本のアパレル(ブランド名は伏せます)で働く友人が、
製品見本として作った為市場に出せない服や、自分の着なくなった服などを
個人として大量に送ってきてくれました。  その数、ざっと100近く
細かくは書きませんが、同封の手紙に書いてあった彼女の気持ちを
現地の子達がテレビでしか見れないようなかわいい洋服とともに
しっかりと届けたいと思います。
幸い、高校教員ボランティアと共同生活なので
その彼に協力してもらい、素敵な企画にしたいと考えています。
今までと少し異なる笑顔に出会える気がして、とても楽しみです。

その船便荷物から一週間後、日本からの手紙も届きました。
思いがけない手紙というものは、とても癒されますね。
同封の紅葉にちょっと日本が恋しくなりました(笑)
ふと筆をとってみようかと思いましたが、
日本の住所がわかるのは身内くらいしかなく、、、
また以前アフリカ・ブルキナファソ宛に書いた手紙も未着らしく
なかなか筆は進みません(汗)

12月に入ってからは、友人の誕生日が続いたこともあり、
日本に電話を掛ける機会が多くありました。
名前を言う前に声で気付いて貰えた時は、とても嬉しかったです。
ママになったという友達もいて驚いたけれど、送られてきた赤ん坊の写真の
目元はしっかり母親似で面白かったです。

とにかく皆さん、ありがとうございました。

新年の仕事は3日から。
初心を忘れることなく、活動に励んでいこうと思います。

Lukim yu gen!(現地語で「また会いましょう!」)

連絡先2

以前書いた連絡先の記事はメールの連絡先のみでした。
http://shanti02.blog28.fc2.com/blog-entry-124.html
現在2つの携帯電話を使用しているので、お知らせしておきます。
日本との時差はたった1時間(日本+1h)なので、そんなに
時間を考えなくても問題ないかと思います。

(+675)7391-2642[digicel]
(+675)7609-5569[bemobile]

併せてメールのほうも改めて記載しておきます。
---
1.gmail(alpine0724@gmail.com)
2.yahooメール(avenirpw11@yahoo.co.jp)
3.hotmail(alpine_plus@hotmail.com)
---
※「@」「ドメイン」を小文字に変換。hotmailはほとんど見れていません。

新しいUSBモデムを購入し、通信環境は少し改善されました。
しかしスカイプなどは出来ず、残念ながら快適とは未だ程遠いです。

Lukim yu gen!(現地語で「また会いましょう!」)

Appendix

プロフィール

ゆーすけ2ごう

Author:ゆーすけ2ごう
 
青年海外協力隊
 平成21年度4次隊
 任 国:パプアニューギニア
 職 種:村落開発普及員
 所 属:HELP FARMERS 15
 あだ名:あらーきー

blog内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。